自然の中で暮らせる街

若松区

city.kitakyusyu
WAKAMATSUKU

話題のひびきのから若戸大橋までの広い若松区。グリーンパークでカンガルーと触れ合って、海水浴場で泳ぎ疲れたら、高塔山で夜景を楽しむ・・・自然からパワーをたくさんもらえます。

東西に長い若松区は、脇田や岩屋の海水浴場から北九州学術研究都市、そしてひびきコンテナターミナルまで様々な顔を見せる魅力的な区です。

八幡西区本城学研台周辺を含む「ひびきのエリア」は高等教育機関や研究所が集まりアジアの中核的学術拠点を目指す北九州学術研究都市として整備が進んでいます。「高須エリア」と合わせてファミリーさんに人気のエリアです。

若戸大橋と若戸トンネルを利用して、戸畑区小倉北区へ楽にアクセスできる「若松駅エリア」。響灘沿いに並ぶ風力発電の風車が美しい「エコタウンエリア」は、ひびき工場地帯でお勤めの方のベッドタウンになっています。

他にも、縄張り争いで人間に迷惑をかけた河童たちを封じているかっぱ神社や、絶滅危惧種に指定されているチュウヒ(鷹)が住む響灘ビオトープなど、見どころ満載です。

自然を守りつつ未来をみつめる「若松区」は、とっても住みやすい街ですよ!

若松区は大きく6つのエリアに分けています(ひびきの北には、八幡西区ひびきのエリアを含みます)。気になるエリアをタップしてください↓